2016年02月22日

シェアファンぼっちリプレイ 第二幕-『悪魔の奇病』後編-

前回はこちら
またチェルカの濃き血脈を勘違いしていたため、ボーナスを修正しました。またニバールのデータがあちこち間違っていたため修正しました。
ソロだと限界がありますね…

前回のあらすじ:やっぱり狼は強い


〜拠点とレーブルの中間地点付近の川〜

川には人が5人くらい乗れるほどの小型の帆船が停泊している。帆船の色は青。付近に人の気配はない。
ニバール:「あれが例の船ね」
チェルカ(半獣化状態):「青ってことは、どこの国にも所属をしていない船か…怪しいな」
ウルティオ:「近くに人はいないようだし、中を探ってみましょ」

〜船の近く〜

この辺で違和感に気付くか、直感STで判定してみましょう
直感ST判定 些細な変化などの多くの瞬間的な反応や勘を要求される危機回避の判定。今回の目標値は13です。
チェルカ:2d6+6 直感ST
SharedFantasia : (2D6+6) → 9[4,5]+6 → 15
ウルティオ:2d6+8 直感ST
SharedFantasia : (2D6+8) → 8[5,3]+8 → 16
ニバール:2d6+6 直感ST
SharedFantasia : (2D6+6) → 12[6,6]+6 → 18 劇的成功!
シェアファンの世界では、判定時に6ゾロを出した場合、自動成功になります。またその達成値が目標値を超えていた場合、劇的成功(俗にいうクリティカル)になります。
今回ニバールは達成値も目標値を上回っているため劇的成功になります。

チェルカとウルティオは中から数人の話し声が聞こえました。そしてニバールは職業柄なのか、中にいる人数が3人であり、話している内容が自分の組織にとってあまりよくないものだということが感じ取れました。

チェルカ(半獣化状態):「中から人の声がする」
ウルティオ:「複数のようね…人数までは私にはわからないわ」
ニバール:「人数は3人で…どうやら私の組織にとってはとてもいやなことのようね」
ニバール:「詳しいことは中に入らないとわからないけど…生け捕りにして情報を聞き出すわ。二人とも手伝って」
ウルティオ:「わかったわ」
チェルカ(半獣化状態):「おう」

三人が船の中に入るとさすがに気づいたのか、中から3人の男女が出てきました。身長が高く、レザーアーマーとスモールシールドを着た男が話しかけてきました。
謎の背の高い男:「おや、私たちの船に何か御用で」
ニバール:「どこの国にも所属していない船ってのは珍しくて調査をしに来たの。あなた方の船を調べさせてくれないかしら?」
謎の背の高い男:「私らも依頼でこの船の荷物を運んでいましてね。それは依頼に反するのでやめていただければと」
他の二人は若い少女のようであり、黒髪の方はかなりの美少女である。もう一人はそばかすのポニーテールの平凡な少女だ。二人ともジャーキンを着ている。
ウルティオ:「…その依頼ってのは誰からのものなの?」
謎の背の高い男:「守秘義務ですので…もういいや。丁寧な口調は性に合わない。ケイ、ソン。ちょっとこいつらを捕まえるぞ」
ケイ・ソン:「「いえっさー」」
謎の男らは武器を構えた。2アクション分の行動をとることが可能です。
ニバール:「交渉決裂ね、…チェルカ!接近戦で一気に倒すわよ」
ニバール:2d6+8  共闘の縁(魔法強度) 呪力16→12
SharedFantasia : (2D6+8) → 7[1,6]+8 → 15
チェルカ(半獣化状態):「おう!」
ウルティオ:「いくわよ二人とも」 弓を出し矢を番える

戦闘開始です。
知名度判定 今回の目標値は動植物知識、もしくは伝承知識-2で4と5になります。
チェルカ:2d6+2+2 動植物知識
SharedFantasia : (2D6+2+2) → 7[6,1]+2+2 → 11
ウルティオ:2d6+5+2 動植物知識
SharedFantasia : (2D6+5+2) → 6[1,5]+5+2 → 13
謎の男、部下(ケイ・ソン)の情報の以下の項目がわかりました(送付ファイル参照)。名前、分類、モンスターレベル、HP、能力値、各種STと特殊能力、解説1.2.3

イニシアティブ判定です。
チェルカ:2d6+2 イニシアティブ
SharedFantasia : (2D6+2) → 7[6,1]+2 → 9
ウルティオ:2d6+5 イニシアティブ
SharedFantasia : (2D6+5) → 4[3,1]+5 → 9
ニバール:先読み発動 呪力12→7
ニバール:3d6+5 イニシアティブ
SharedFantasia : (3D6+5) → 9[1,5,3]+5 → 14
謎の男(追い剥ぎ(ニッパー))のイニシアティブは固定値10
ケイ・ソン(部下データ×2)のイニシアティブは各固定値10
よってニバール→謎の男→ケイ→ソン→ウルティオ→チェルカの順で行動します。
隊列は今回は前衛チェルカとニバール、後衛ウルティオです。対して謎の男サイドは前衛ケイとソン、後衛は謎の男です。敵の前衛との距離は10mくらいです。

ニバールのターンです。
ニバール:「さっきの戦闘では活躍できなかったしここで鬱憤を晴らすわ。まずはそこの美少女からやりましょうか!」
ニバール:2d6+3+6-2 突撃攻撃 バスタードソード1H 斬 対象:ケイ
SharedFantasia : (2D6+3+6-2) → 11[5,6]+3+6-2 → 18
ケイの回避 回避値12 命中
ニバール:「喰らいなさい!」
ニバール:4d6+8 バスタードソード(斬/1H)
SharedFantasia : (4D6+8) → 18[5,6,1,6]+8 → 26
ケイへの負傷点  24(防護点2)
HP<負傷点の為死亡判定に入ります。 
ケイの死亡判定 目標値10 頑健ボーナス6 頑健STペナ6 頑健ST固定値12→12 気絶
ケイ:バタッ
ソン:「け、ケイ!!」

謎の男のターンです。前衛が維持できないため、謎の男も前衛になります。
謎の背の高い男:「ソン、まずはあのバスタードソード使いを黙らせるぞ」
謎の男の攻撃 通常攻撃+貫通 対象:ニバール 命中14 ダメージ9 疲労3
ニバール:「女性を狙うって最低ね!」
ニバール:2d6+3+6 近接回避(戦士の魂)
SharedFantasia : (2D6+3+6) → 7[5,2]+3+6 → 16
ニバール:「当たんないわよそんな攻撃」

ソンのターンです。
ソン:「ケイの敵!」
ソンの攻撃 攻撃種類ショートソード 対象:ニバール 命中12 ダメージ11斬
ニバール:2d6+3+6 近接回避(戦士の魂)
SharedFantasia : (2D6+3+6) → 2[1,1]+3+6 → 11 致命的失敗!
シェアファンの世界では、判定時に1ゾロは自動失敗になります。またその達成値が目標値を超えていなかった場合、致命的失敗(俗にいうファンブル)になります。
回避側が致命的失敗になった場合、防護点無視のダメージを受けます。
ニバールへの負傷点  0→11(致命的失敗の為防護点0)
ニバール:「こ、こんなのかすり傷よ…」

ウルティオのターンです。
ウルティオ:「狙撃に集中するわ」 狙撃(2アクション分) 疲労0→2

チェルカのターンです。
チェルカ:「うおおおおおおおおお」 雄叫び 疲労0→2
チェルカ:「あの男を倒せばいいんだな!」
チェルカ:2d6+12-2-2 突撃攻撃(半獣化+共闘の縁+ペナ+大型ペナ) 対象:謎の男 素手:斬
SharedFantasia : (2D6+12-2-2) → 6[1,5]+12-2-2 → 14
謎の男の回避 回避値15 回避
チェルカ:「ちっ
謎の背の高い男:「やっぱり相手のガタイがいいと避けやすいねえ」

ニバールのターンです。
ニバール:「あいつが親玉ね…」
ニバール:2d6+3+6+1 近接攻撃(戦士の魂+共闘の縁) 対象:謎の男 攻撃:バスタードソード斬
SharedFantasia : (2D6+3+6+1) → 10[6,4]+3+6+1 → 20
謎の男の回避 回避値15 命中
ニバール:「喰らいなさい!」
ニバール:4d6+8 バスタードソード(斬/1H)
SharedFantasia : (4D6+8) → 7[1,1,2,3]+8 → 15
謎の男への負傷点  0→9(防護点6) 
ニバール:「案外固いわね…」

謎の男のターンです。
謎の背の高い男:「お返しをさせてもらおう!」
謎の男の攻撃 通常攻撃+貫通 対象:ニバール 命中14 ダメージ9 疲労3→6 重疲労0→1
ニバール:2d6+3+6+1 近接回避(戦士の魂+共闘の縁)
SharedFantasia : (2D6+3+6+1) → 9[4,5]+3+6+1 → 19
ニバール:「そんなの当たんないわよ!」

ソンのターンです。
ソンの攻撃 攻撃種類ショートソード 対象:ニバール 命中12 ダメージ11斬
ニバール:2d6+3+6+1 近接回避(戦士の魂+共闘の縁)
SharedFantasia : (2D6+3+6+1) → 8[3,5]+3+6+1 → 18
ニバール:「先ほどの攻撃はまぐれだったようね」

ウルティオのターンです。
ウルティオ:「あの男を狙って…いけ!」
ウルティオ:2d6+7+3 狙撃(3アクション目)+射撃攻撃 対象:謎の男 ショートボウ刺
SharedFantasia : (2D6+7+3) → 6[2,4]+7+3 → 16
謎の男の回避判定
謎の背の高い男:軽業発動 疲労6→8 回避値+1
謎の男の回避 回避値15+1 回避
ウルティオ:「うっそ!?当たんない!?」

チェルカのターンです。
チェルカ:「今度こそ!」
チェルカ:2d6+12-2 通常攻撃(半獣化+共闘の縁+大型ペナ) 対象:謎の男 素手:斬
SharedFantasia : (2D6+12-2) → 7[2,5]+12-2 → 17
謎の男の回避 回避値15 命中
チェルカ:「喰らえ!」
チェルカ:2d6+8 ダメージ 斬
SharedFantasia : (2D6+8) → 11[5,6]+8 → 19
謎の男への負傷点  9→22(防護点6) →HP(27)<負傷点(22)+疲労点(8)の為気絶判定に入ります。
謎の男の気絶判定 目標値10 頑健STボーナス+4 頑健STペナ4(HP-(負傷点22+疲労点8+重疲労1)) 頑健ST固定値12→12 成功
謎の男は耐えた。
謎の背の高い男:「ぐは!」
ニバール:「あと少しね!」

ニバールのターンです。
ニバール:「しぶといからこのくらい耐えきれるでしょ!」
ニバール:2d6+3+6+1 近接攻撃(戦士の魂+共闘の縁)
SharedFantasia : (2D6+3+6+1) → 7[3,4]+3+6+1 → 17
謎の男の回避 回避値15 命中
ニバール:4d6+8 バスタードソード(斬/1H)
SharedFantasia : (4D6+8) → 16[6,1,4,5]+8 → 24
謎の男への負傷点  22→40(防護点6) →HP<負傷点の為死亡判定に入ります。 
謎の男の死亡判定 負傷点がHPより12以上上回っている為死亡判定自動失敗 → しぶとさ発動 死亡→気絶へ
謎の男は気絶した。
ソン:「う、うそ・・・」 ソンは武器を離し、膝をつき戦意喪失した。
戦闘できる敵がいなくなった為戦闘終了です。戦闘終了の為、疲労が回復します。
チェルカ 疲労 2 → 0
ウルティオ 疲労 2 → 0
チェルカ半獣化解除

ニバール:「念のためロープで縛っとくわね」
ニバールは手際よく三人を縛っていった。
ニバール:「私はこの少女から話を聞くから二人は奥を調べてきて。何かあったら手を出さずに私に報告して」
ウルティオ:「人使い荒いんだから…」
チェルカ:「その前に服を着ていい?」
ウルティオ:「…替えがないでしょ、しばらくマントで我慢しなさい」
そんなやりとりをしながらチェルカとウルティオは船の奥へと進んだ。

〜船の奥〜

二人が奥に進むと木箱が沢山積まれている。中からは鼠の鳴き声がする

知識判定イベント 目標値を上回ってたら情報ゲット!今回の目標値は動植物知識で12です
ウルティオ:14 動植物知識(テイク7)
チェルカ:2d6+2+2 動植物知識
SharedFantasia : (2D6+2+2) → 6[3,3]+2+2 → 10 失敗
ウルティオは鼠に噛まれると病気(ロックジョー)に感染することがあり、またペストに感染した鼠がいることもあるということを思い出しました。
ウルティオ:「確か鼠には元々噛まれると病気に感染することがあって…中にはペストに感染した個体種があると聞いたことがある。もしかして、この木箱の中の鼠たちはペストに感染しているんじゃ…」
チェルカ:「え?そうなの?急いでニバールに知らせなきゃ!」

〜ニバールside〜

ニバール:「さあ、知っている情報を教えてちょうだい」
ソン:「…私は何も知らないわ…、ニッパーが仕事を持ってきて私たちはついていくだけですもの…」
ニバール:「そう、じゃああなたに用はないわ。気絶している黒髪の子と男は使い道がまだありそうだけど、あなたには利用価値が無さそうね。黒髪の子は奴隷市場、男は尋問コースかしら。…さて、あなたはここで死ぬ?」
ニバールはバスタードソードをソンに向ける
ソン:「ま、まって!ニッパーが言ってた!ニャルカイダ、ニャルカイダがこの依頼に絡んでいるんじゃないかって!」
ニバール:「…ニャルカイダ…ですって?…そこの男に詳しく聞く必要がありそうね」
ニバール:「あなたとそこの黒髪の美少女はあの二人に任せましょう。私はこの男を組織まで連れて行かなければ」
ソン:「ニッパーをどこに連れていくの!」
ニバール:「あなたの話が本当ならこの男はそのニャルカイダって武装集団から口封じのため殺されてしまうわ、その前にうちで保護をするの」
ソン:「そ、そんな…」
ニバール:「悪いけど本当の話よ。ニャルカイダはそういう集団なの」

そんなことを話していると、中で調査をしていた二人が戻ってきました
ウルティオ:「ニバール大変よ!中に鼠が入った木箱が大量に入っていて、多分その鼠はペストに感染しているわ」
ニバール:「ありがと…やつらならやりかねないわ。私は急いで組織に連絡するわ。二人ともありがとう。これはお礼よ」
そういうとニバールは800Gの入った金貨袋をウルティオに渡しました。

ウルティオ:「ちょっと報酬が多い気がするわ」
ニバール:「気持ちよ気持ち。それからこの男は私が鷹の目に連れていくから、そこの二人の保護をお願い」
チェルカ:「え?」
ニバール:「この男は面倒な連中に狙われているわ。だからこちらで保護をする。幸い、そこの二人は顔が割れてないようだし、ウルティオたちも人手がほしいでしょ?」
ウルティオ:「そりゃほしいけど…深くは聞かない方がよさそうね。」
ソン:「話が見えないけど…頑張って働いたらニッパーにまた会える?」
ニバール:「ええ、多分だけどね」
ウルティオ:「…ソンって言ったっけ?そこの気絶している黒髪と一緒にうちの拠点で働きなさい。人手は多い方がいいわ」
そうして全員拠点に戻り、船の中にいたソンとケイは拠点の一員となるのでした。
一方、ニバールは鷹の目の一人であろう人と一緒に謎の男ニッパーを連れて拠点を後にしました。
船は鷹の目によって燃やされて、ペストが流行することはありませんでした。

悪魔の奇病エンド

ニャルカイダについては次回。

時間経過管理システム:始まりの日から8日経過~1回目の満月まであと22日~

今回のシナリオでの経験点300点 累計400
報酬 2人で800G(前金と合わせて1000G) → 拠点累計資産 140G
posted by アジコ at 16:12| Comment(0) | ソロキャンペーン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: