2017年02月03日

【エラッタ】シナコンに出した「イストワール伝記」のエラッタと回す時のポイント【とシナコン感想】

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

(´・ω・`)年明け早々シナコンで提出したシナリオのエラッタ出すぞおおおおおおおおい

あとシナコン感想。
イストワール伝記のエラッタ

P11 上から3行目
誤 <アイテム:赤の石>
正 <アイテム:赤い石のペンダント>

P14 ▲姉妹が持っている情報
・石について
誤 綺麗な石かもしれないという。
正 綺麗な石のことかもしれないという。

P18 <地下水路>
【イベント:情報屋】の描写後
誤 取引内容は黄色の石に似た石が、イストワールの街のどこかにあるはずだから、石を探して酒場のマスターへ持っていくことである。
正 取引内容
子供が持っている黄色の石と似た形の石が、街のどこかにあるという。それを探して酒場のマスターへ持っていくことが情報を渡す条件。


P21 イストワールのヴァンパイアの魔術全般データ
→Lv8までのお好きな魔術を覚えてください。


イストワール伝記を回す上でのポイント
●技能<馬術>は活躍しない
ネタ枠になる旨をキャラメイク時に最初にいうこと。推奨技能は?と聞かれたら、伝承知識と物品鑑定と早耳かな…たぶん

●シナリオの全体を掴む。
とりあえず、P1.2.P7〜20までを読む。

●シナリオを回すためのポイント
ポイント
☆宿屋の人の姿の描写
☆ジーニアスの滞在時の行動の情報の提示
☆キーアイテム「魔強化石」こと各色の石の描写(特に石の中に何が写っているのか)。
正直この描写以外は適当でもなんとかなるんじゃないかと思ってるくらい重要。

●最悪「赤色のペンダント」入手は諦める。
GMとしてはハッピーエンドにしたいかもしれない。けど正直、仕立て屋の情報を必ずゲットできる場所は用意していない。
※出てくるのはクライマックス、相手がヴァンパイアと知り銀が弱点かもしれないってPLらが発想しないと出ない。
もしハッピーエンドにしたい場合、先に地下水路以外の街の情報をPLに公開するとスムーズに行く可能性が高まる。

●クライマックスの戦闘はしないでもいい。
PTがもし戦闘が不得意そうだったら下手に戦闘を行うのではなく、戦闘以外の方法で勝負を仕掛けてもいい。
ちなみにテストプレイの時は紅白歌合戦でした。

戦闘が得意そうだった場合(例えば公式サプリの使用など)、操られた騎士団長などを出すのも有り。(前衛が居ないのでヴァンパイアは瞬殺可能性が高い)

その場合、GMがもしサプリを持っているなら、AAの戦士(達人)を1人出したり、魔獣を召還しておいたり、既にバフが掛かっていることにして<加速><肉体強化><理力武装>をかけておくとかなり強化されるかと。


…ふぁああああああイストワールのヴァンパイア、戦闘予知も持ってないわザッコ

(´・ω・`)気力が付きたんや、すまんて

イストワール伝記を回すうえでお勧めなNPC
●スラム街の母ファルス
もしよかったら0.1tくらいの体型の肝っ玉母ちゃん描写をすると、隠しスポット図書館でのとある本のタイトルが好きになるかもしれない。

以上です。
またエラッタが見つかったら追加します。

以下シナコンの感想。gdgdなんで飛ばし推奨。







シナコンの感想。

イストワール伝記、提出できました。私の今のTRPGの集大成を提出できたかなと思ってます。
TRPGをし始めて、約2年。シェアファンの基本ルールブック製本版が出たのを入手したのが私のTRPGの始まりでした。
最初はまさか自分がシナリオを書き上げるまでなるとは思ってなかったのですが、今日、久々に書き上げたシナリオが審査員の方の目に留まり、どうやら好みにヒットしたようで、2位の位置につきました。
完成した理由の9割テストプレイのメンバーのおかげとしか言えません。今回2回テストプレイをして、色々シナリオを書き直してこのイストワールができたので、ほんとテストプレイに参加していただいた方々のおかげです、ありがとうございました。
またシェアファンのGMができるのも、いつも参加表明をくれるPLさんらがいてこそだなって感じました。シェアファンしてえ。いつも参加してくれてありがとうございます。また皆と面白いセッションができたらいいなと思って日々ネタを探している。

TRPGを嫌いになった2年前の自分に言いたい。少女趣味上等、シェアファンはいいぞ

最後に、イストワール伝記の真骨頂は街の設定です。シナリオネタになりそうなことを色々詰め込んでます。もしよかったら、イストワールを舞台にした新たなシナリオを作ってみてください。

おそまつ
posted by アジコ at 20:41| Comment(0) | シェアードファンタジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: